クラウド型医療支援システム 「ドクター・フォース (DOCTOR FORCE)と、“次世代エンタープライズ・ストレージ”をInterop Tokyo2017に出展

― トゥモロー・ネットが提案するクラウド・ソリューション

▽Interop Tokyo 2017の詳細はこちら
https://www.interop.jp/
▽トゥモロー・ネットのInterop Tokyo 2017案内サイトはこちら
http://www.tomorrow-net.co.jp/interop2017/

 

トゥモロー・ネットは、Interop Tokyo 2017において2017年9月1日(金)より販売開始予定のクラウド型医療支援システム 「ドクター・フォース (DOCTOR FORCE)」を展示します。

▽「ドクター・フォース (DOCTOR FORCE)」のプレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000024676.html
▽「ドクター・フォース (DOCTOR FORCE)」の情報(ベンダーサイト)はこちらhttp://www.tomorrow-net.co.jp/medical_solution/doctor-force

当システムは、一般的な経営分析にとどまらず、診療支援、研究支援までをカバーするクラウド型医療支援システムです。会計情報だけではなく検査結果を含む標準出力、および公開されている標準化データウェアハウス(SDM※2)を利用することで、特定のメーカーに依存しないローコストな分析環境を提供します。
会場ではネットワークに接続し、実際にデモを行います。

また、クラウドソリューション事業部からは、“次世代エンタープライズ・ストレージ”を紹介。SDS(ソフトウェア・デファインド・ストレージ)とSDN(ソフトウェア・デファインド・ネットワーク)といった新しいテクノロジーを駆使し、ストレージのパフォーマンスを向上しながらコストを大幅に削減できる、スケールアップ型SDS Nexenta Stor / スケールアウト型SDS Nexenta Edge / 高速ストレージを実現するSDN Pluribusネットワークスイッチを展示いたします。

“次世代エンタープライズストレージ”は、大容量ファイルをスピーディに運用するあらゆるビジネスモデル(放送・映像、ゲーム、医療、金融、CAD業務など)に合わせて柔軟に対応可能です。

 

▽「PR Times」より発信された内容についての詳細はこちら

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000024676.html