2020.07.09
成城大学様 導入事例をリリースいたしました

お客様各位

 

平素より、当社ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

導入事例のページを更新いたしましたので是非お立ち寄りください。

 

オールフラッシュ構成のvSANへのリプレースOptane採用でI/O性能の高速化とレイテンシーの大幅改善を実現

 

1950年創立の成城大学では、学内のネットワークやアプリケーションなどを支えるインフラとして仮想ストレージ基盤のvSANを利用してきた。
ハードウェアの老朽化による問題が顕在化してきた2019年、最新のハードウェア上で稼働するvSANへとリプレースした。
その際、目的に合致した構成にするために、推奨機器であるReady Node以外のハードウェアの導入を検討。
SIパートナーであるトゥモロー・ネットとともに検証を重ね、SDSの利点を生かした導入が実現できた。

 

 

詳しくはこちら

成城大学様 導入事例