PRODUCT

製品紹介

HyperConverged Infrastructure

仮想化統合ソリューション
よりシンプルな仮想化インフラを利用したいお客様へ

サーバー・ストレージ・スイッチ・仮想化ソフトウェアで複雑化するインフラをシンプルにしたい
専門知識を必要とする技術を習得する必要はなく、誰にでも運用できるような管理・運用ができるようにしたい
数年後を需要を見据えてインフラを購入するのではなく、クラウドのように必要に応じてリソースを追加できるようにしたい

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の優位性

  • 拡張性
  • 堅牢性
  • 柔軟性
  • 俊敏性

HCIが選定される理由

コンピュート・ストレージ機能を汎用サーバーに集約

  • 汎用サーバーのみで構成されるHCIは
    コンピュート・ストレージ機能を集約
  • 外部接続の共有ストレージは不要で
    ソフトウェア定義のストレージ(SDS)を
    利用し、サーバー内蔵のストレージを構成
    されているすべてのサーバーからアクセス
    可能にする仮想ストレージを実現します

一つの管理ツールで運用可能
構成機器数削減を実現

  • サーバー仮想化構成は、サーバー・SAN
    スイッチ・共有ストレージをそれぞれ別々の会社のツールを利用して管理しなければ
    なりませんが、HCIは1つのツールで構成
    管理を行い、運用することが可能です
  • サーバー仮想化で構成に必要とする機器の数を削減し、運用・メンテナンスの負担が
    軽減できます

拡張性の向上させて無停止で増設作業が可能

  • 従来のサーバー仮想化構成はとても複雑であり、容量拡張時に機器諸元の限界で増設ができないこともありました
  • また、既存機器のシステム停止を行わないと機器増設ができないことがあり運用に負担がかかっていました
  • HCI構成において、リソースの増設は
    システム停止を行うことなく機器増設、
    運用負担を軽減することができます

特長

オールインワンで導入もシンプル

HCIでは物理サーバーにサーバー仮想化・ストレージ機能などがすべて含まれており、構成も非常にシンプルです。
ストレージおよびSANスイッチなどの専門的な知識はなくても導入することができ、しかも短時間で実施することができます。

運用コストが削減できる

従来の仮想化インフラにおいては、各装置ごとに管理ツールを別々に利用する必要がありました。
一方、HCIにおいては1つの管理ツールでインフラを管理することができ、構成要素が削減されることによりデータセンターの
ラックスペースの削減、運用およびメンテナンスの負担を軽減することができます。

クラウドのようなリソース拡張ができる

従来のサーバー仮想化では、事前に利用するリソース需要を考慮してシステムを購入しており、リソースが足らずに増設を行い
その都度システム停止を行っていたかと思います。HCIではクラウドのように必要なリソースだけ購入して、後から増設を行う場合も
サーバー増設してリソースを増やすことができ、システムを停止することなく実施することが可能となります。
また、ノード増設することでパフォーマンスを増強することもできます。