PRODUCT

製品紹介

NexentaStor

シンプルなファイルサーバー
標準ハードで実現するエンタープライズ

汎用のエンタープライズハードウェア(IAサーバーとディスクシェルフ)を用いて、シンプルなNASストレージを実現。
専用のストレージOS「NexentaStor」により、エンタープライズに必要な全てのストレージ機能を搭載。

あらゆるワークロードに最適な
コストパフォーマンスで対応

  • データベース
  • 仮想基盤
  • ファイル
  • バックアップ

Supermicro-NexentaStorストレージの主な機能

ストレージサービス機能

  • SMB/NFS/iSCSI/FC
  • HA冗長化(2ノードクラスタ)
  • RAID機能(ミラー, 3ミラー, Parity 1,2,3)
  • クォータ設定/シンプロビジョニング
  • 圧縮、重複排除
  • 無制限スナップショット/クローン
  • QoS (SMB/NFSスループット制御)

セキュリティ/バックアップ機能

  • 暗号化機能(SEDドライブ暗号化)
  • ウイルス対策ソフト連携(ICAP対応)
  • ディレクトリ連携(AD/LDAP/NIS)
  • マルチテナント機能
  • Windows/LinuxユーザーACL連携
  • 各種バックアップソフト連携(NDMP)
  • レプリケーション機能(同期/非同期)

管理等各種連携機能

  • Vmware VAAI, VVOL, vCenter Plugin
  • VSA (ESX仮想アプライアンス提供)
  • OpenStack Cinderドライバ
  • 統合管理ツール(無償製品: NexentaFusion)
  • SMB監査ログ機能
  • SMTP, SNMP, SYSLOG
  • Self-Documenting REST API提供

特長

柔軟な設計とシンプルな構成

従来のストレージ製品では、特定の用途に特化する形で提供されています。オールフラッシュ専用、仮想化特化型、大容量対応のみ、バックアップ専用など、同じベンダーでも異なる仕組み、各製品が独自のハードウェア/ソフトウェアのアーキテクチャを持ち機能や用途が重複しています。

Nexenta: 全て統一アーキテクチャでシンプル

Nexenta SDSであれば、全てのストレージ要件に対して統一の標準ハードウェアとソフトウェアの構造を持ち、非常にシンプルに選択可能です。
x86サーバーとNexenta SDSは全て同じ、後は、コスト/パフォーマンス要件に応じて、SSD/HDDの組み合わせを選択するだけです。

NexentaFusion(無料提供ツール)による 一括ストレージ管理

それぞれのグループ単位や用途に応じて導入された専用ストレージは、個々ばらばらの調達・運用コストがかかります。管理はそれぞれ異なり、保守コストも異なるため、それぞれの技術者養成や障害対応など、複雑な管理を必要とします。

Nexenta: 集約化や複数システムも一括で管理・運用

標準ハードを用いた統一アーキテクチャによりコストパフォーマンスに優れ、あらゆるワークロードに対応するNexenta SDSであれば、複数ストレージの集約を実現することも可能です。また、Nexenta SDS管理ツール「NexentaFusion」により、複数のストレージシステムの管理・運用を単一のWeb GUIで実行可能です。(開発環境REST APIも充実)

様々な用途に利用可能

専用ハードウェアで設計されたストレージの場合、ブラックボックス化されているため、旧式のCPUが採用されていたり、搭載される物理メモリに制約があるなど、必ずしも適切な価格とパフォーマンスのバランスが取れているとは限りません。

Nexenta: x86搭載の最新CPU/大容量DRAMを最大限活用

標準x86サーバーを用いることで、最新高速のCPUと大容量DRAM (例: 256GB)をリーズナブルな価格で提供可能です。Nexenta SDSにより、大容量DRAMの最大90%をキャッシュとして利用します。さらに、ハイブリッドストレージには、高速(低レイテンシー)SAS SSDを用いることで、SSDの書き込み速度を実現しつつ、フェイルオーバー時のデータ保護にも利用します。