経理として会社の経営管理を行うために、社内の各種経費の支払いをしたり、お客様方のご入金の状況を確認するなどの預金の入出金管理をしています。その日々の入出金記録を帳簿に入力し会計データと呼ばれるデータを作成します。そのデータの集計結果がひと月ごとや年間通しての売上や経費さらには利益という形で算出し、最終的には決算書を完成させることが仕事です。

日々の入手金や売上をできるだけ素早く正確に帳簿へ入力し経営管理に役立てられそうな良い資料を作成できた時や、膨大で複雑な数字の管理を行わなければいけない帳簿を誤りなく完成させた時はとても達成感を感じることができます。反対に帳簿への入力を誤ってしまい実際と異なる集計結果が出てしまったとき、しかも入力を誤っているのかわからない時などは、間違った入力をした過去の自分への恨みと、今すぐ誤った箇所を訂正したいけれども訂正箇所の検討すらつかないという焦燥感とで、昼ごはんもノドを通らず、他の仕事が手につかないくらいのモヤモヤした気持ちになります。

知識を身に付けた上で、その知識をどのように仕事と会社に生かしていくかが課題です。一般的には経理関係の資格を取る為に身に付けた知識と経理の実務を行う為に必要な知識は少し違うといわれています。確かにそれはその通りで、会社で経理の仕事を行うにあたりどんな知識が必要か?どんな知識を身に付ければ今と将来の会社に貢献できるか常に考え経理という枠にとらわれず様々な知識を身に付けて仕事に生かしていきたいと思っています。

戻る