2022.07.15
ボイスボットを導入したのに効果なし?ーボイスボットの弱点を克服したサクセス体験を提供するCAT. AIー

ここ数年、コールセンターの問合せを音声でAIが回答する「ボイスボット」の導入事例が増加しています。コールセンターの採用難による人財確保の問題、急激な呼量の増加対応や営業時間外の対応に対するソリューションとして、「ボイスボット」は救世主となるのでしょうか。単純な手続きや一次受付として利用されている事例は数多く存在しますが、お問い合わせの一連のフロー全てに対してAIが対応しているケースは実は多くはありません。その理由は、「ボイスボット」が抱える“弱点”にあると考えられます。

ボイスボットならではの弱点

上記のような事象が多く発生すると、導入の目的である「省人化」の効果が期待以下になるばかりか、ユーザーに不必要な「マイナス体験」を与えてしまい、AIがCXの低下を引き起こしてしまう事になります。AIソリューションでは、いかにユーザーに「サクセス体験」を提供できるか、つまりはCX自体を適切にデザインすることが非常に重要である言えるでしょう。単に受付が成功したから、「サクセス体験」なのではなく、ユーザーが「簡単だった」「次もAIを使ってみよう」と思えることが、「サクセス体験」ということです。

しかしながら、前述にあるように「ボイスボットならではの弱点」を全て克服するのは、現在市場に存在する製品では非常に困難です。そんなボイスボット固有の弱点を克服できるソリューションが「CAT.AI」です。「CAT.AI」は、一つのツールで、ボイスボットとチャットボットをオールインワンで提供しています。これにより「ボイスボットならではの弱点」をチャットボットによるテキストコミュニケーションで補完し、ユーザーにワンランク上の「サクセス体験」を提供します。そのため、従来のボイスボットより、「途中離脱」や「オペレーター転送」を削減し、AI完結率の向上やCXの向上に寄与します。

実際のデモは是非下記よりご覧ください。

下記クリックしてご覧ください。

■エアコン修理デモストレーション動画

■レストラン予約デモストレーション動画

■ロードサービスデモストレーション動画

■コールセンターにAIを(コンセプトムービー)

もっと知りたい!疑問点?お問い合わせください!

CAT.AIに少しでも興味をお持ちいただけましたら下記よりお問い合わせをお願いいたします。詳細なデモを交えて個別のお打ち合わせも可能です!