ソリューション事業部、岸です。

私は自宅で Linux を愛用しております。
今回は ubuntu 18.10 がリリースされたので、こちらを紹介します。

そもそも私が Linux を使用している理由の一つに
アプリケーション毎にオーディオデバイスの出力先を
変更できる点にあります。

例えば、ゲームの音は HDMI 、
音楽を流しているアプリケーションはアンプに繋がったデバイス、
ビデオのアプリケーションの音はUSBの~
システムのデフォルトはオンボードの~
といった具合の設定がそれぞれのアプリケーションの設定とは別で
管理することができるのが特に魅力です。

こちらについては機会があれば紹介したいと思います。

さて、ubuntu 18.10の新しい点です。

ゲームパフォーマンス、グラフィックサポートの改善はもちろんですが、
指紋認証でのログイン、ロック画面の解除ができるようになりました。
当然指紋認証を行うデバイス、指紋の登録等が必要になります。

次に、拡張機能としてスマホ連携アプリケーションが標準リポジトリに登録され、
aptコマンドにより導入が可能です。
ファイルの送受信・着信をUbuntuへ通知できます。

Open VPNクライアントの追加が簡単にできるようになりました。
Open VPN サーバーを立てている場合は面倒な設定が減ります。

また、マルチクラウドコンピューティングに最適化され、
既にパブリッククラウドに用意されているそうです。

しばらく流行が続いている ubuntu は普段使用する為の
機能やアプリケーションが初回インストール時で豊富で、日本語のコミュニティも
充実しています。

普段使いには丁度いいのではないでしょうか?