ITサポート事業部のTsutsumiです。
現在、修理/サポート対応を担当しております。

今回は2018年早々に巷を騒がせました、meltdown/specterにおいて対策がなされたBIOS/kernelが
どの程度パフォーマンスに影響するのかを検証してみました。

 

◆サーバーの構成◆

M/B X11SSD-F
CPU E5-1230V5
Memory 8GB

 

◆検証◆

BIOS 2.0 対策なし / 2.1a 対策済み
OS CentOS7.4
Kernel 3.10.0-693.el7.x86_64 対策なし / 3.10.0-69321.1.el7.x86_64 対策済み

 

ちなみに現時点でmeltdown/specterがされているかどうかは、spectre-meltdown-checkerで確認することが出来ます。
対策がなされた状態は下の写真となります。

STATUSがNOT VULNERABLEであれば対策済みとなります。

 

結果は以下となります。

◆1coreの場合◆

BIOS/Kernel
共にパッチなし
BIOSなし/
Kernelパッチあり
BIOSあり/
Kernelパッチなし
BIOSあり/
Kernelパッチあり
1Core INDEX INDEX INDEX INDEX
Dhrystone 2 using register variables 4055.3 4055.4 4113.2 4112.8
Double-Precision Whetstone 599.5 599.9 594.9 596.3
Execl Throughput 263.7 224.7 268.5 168.6
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3942.9 2370.9 3994.4 1288.2
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 2470.7 1460.8 2508.3 779.2
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5987.1 4528.7 5962.9 2861.2
Pipe Throughput 1994.5 954.2 2005.3 468.2
Pipe-based Context Switching 802.5 644.9 792.6 474.4
Process Creation 1713 1358.9 1697.6 1076.4
Shell Scripts (1 concurrent) 1094.1 2265.9 754.4 1119.4
Shell Scripts (8 concurrent) 2458.6 2694.9 2429.8 2619.1
System Call Overhead 2393.4 772.5 2427.4 256.3
System Benchmarks Index Score 1717.7 1341 1670.2 879.2
  78% 97% 51%

 

◆8core(HTT使用)◆

BIOS/Kernel
共にパッチなし
BIOSなし/
Kernelパッチあり
BIOSあり/
Kernelパッチなし
BIOSあり/
Kernelパッチあり
8Core(HTT) INDEX INDEX INDEX INDEX
Dhrystone 2 using register variables 19640.7 20029.4 20064.4 20199.3
Double-Precision Whetstone 5065.3 5085.9 4923.7 4940.1
Execl Throughput 8441.8 7166.7 8591.1 4927.7
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 4710.3 4516.9 4744.1 3878.6
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 2989.2 2729.7 2990.5 2381.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 9512.9 8599.7 9634.9 7939.1
Pipe Throughput 9863.7 5756.5 9945.7 2379.8
Pipe-based Context Switching 6468.3 3881.4 6524.1 2385.3
Process Creation 9172.4 7615.1 9202.5 5643.6
Shell Scripts (1 concurrent) 5657.4 5075.4 5482 4885.5
Shell Scripts (8 concurrent) 10421.9 9531.1 10678.8 6872.6
System Call Overhead 6826.7 4522.2 6541.8 1251.3
System Benchmarks Index Score 7389.3 6141.8 7390 4370.2
  83% 100.009% 59%

 

両方のパッチを当てた場合、約40%~50%のパフォーマンス低下と驚きの結果が(笑)

安全性の為とは言えこれは辛いですが、二兎を追う者は一兎をも得ずといった感じなのでしょう。
将来安全性と高パフォーマンスを兼ね備えた製品がリリースされる事を祈っておきましょう。

当社では各種検証作業も承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

◇ITサポート
https://www.tomorrow-net.co.jp/internet_tech_support/