こんにちは、クラウドソリューション事業部のNashimotoです。

早速ですが、弊社クラウドソリューション事業部は5月30日~6月1日に台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2017へ行ってきました!
(会場を見学したのは5月30日のみですが。。。)

私はトゥモロー・ネットに入社して初めてのCOMPUTEX参加でしたので、当日までずっとワクワクしていたのが正直なところです。

 

■ まず、COMPUTEXってなに??

COMPUTEX TAIPEI 2017

「COMPUTEX TAIPEI(略称 COMPUTEX)」は1981年から開催され、グローバル情報通信およびIoTテクノロジーの指標となる見本市であると同時に、各国のベンチャー企業が戦略的パートナーを見つける重要なプラットフォームでもあります。

2017年のテーマは「AI & ロボティクス」 「IoTアプリケーション」「イノベーション & スタートアップ」
「ビジネスソリューション」 「ゲーミング & VR 」の5つです。

 

■ 今回のみどころ

実際どのサーバベンダーもIntel SkylakeとAMD EPYCの製品がメインで弊社も多くの製品情報を仕入れてまいりました。
しかし残念ながら両製品とも未発表と言うこともあり、まだ記事にさせていただけません。。。
製品発表後、随時ご紹介させていただく予定ですので少々お待ちください。

 

■ 展示会場を歩いてみると・・

来場者が多い中、会場を歩いて特に目を引いたのがPCケースの展示でした。

 

COMPUTEX TAIPEIPCケースの展示

ケース内はブルーに光っており、
水冷の管がハート型になっています。

COMPUTEX TAIPEIPCケースの展示

エメラルドグリーンの色が
とても鮮やかですね。

COMPUTEX TAIPEIPCケースの展示

観覧車?のような形をしたPCケースです。
円の部分が常にグルグルと回転しています。

COMPUTEX TAIPEIPCケースの展示

戦艦?の形をしたPCケースです。
インパクト抜群です!

自作PCブームが再燃しつつある中、各メーカーがPCパーツの展示に非常に力を入れていることが伺えました。(とにかくパーツを光らせろ!と言わんばかりにカラフルでした)
上記のようなPCケースだけではなく、マザーボード、ゲーミングキーボード、グラフィックボードや水冷キット等々・・。

自作PCをしない私でも非常に興味をそそられ、自分でカッコいいPCを組んでみたい!
と思う今日この頃です。(自宅のPCは普通のノートPCです。。。)

今年の来場者数は約13万人とのことで、かなりの盛況だったようです。
まだCOMPUTEXへ行かれたことがない方も、ぜひ来年度は会場へ足を運ばれてはいかがでしょうか??

弊社ではサーバ機器やソリューションを取り扱っておりますが、ゲーミング用途のPCなども取り扱いが可能です。
ご要望がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。